菅原文仁氏(戸田市長)と雨宮しんごの対談

わたくし、昨年の秋で40代へと踏み出すことになりました。青雲の志を裡に置き、28歳でこの道に踏み出してから12年、わき目もふらず、ただ真っ直ぐに歩んで来られたのも、ひとえにみなさま方の熱いご支援のたまものと深く感謝いたしております。
論語の為政に「子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る…」とあります。孔子は三十にして自立し、四十を迎えるにあたって迷いがなくなった、と言っております。浅学菲才のわたくし、三十にして立つ、ところまでは何とかなったのですが、四十を目の前にして立ち止まってしまいました。
「ここまで歩んできたことに間違いはなかったのか」、「この先もこのままでいいのだろうか」、「実のなる花を咲かすことができるだろうか」といった精神的な揺らぎが、自分の裡から出てくるのを無視できなくなってきたからです。何の疑問も持たずに突っ走ってきて、ここに来ての急制動。どうやら、ミドルエイジ クライシスに陥ってしまったように感じていました。
ですが今は、これからの道程など思い悩んだとて詮無いこと、初志の信念を貫くだけ、と自分に言い聞かせています。とはいえ、正直なところ一抹のものが潜在していることも確かです。それを払拭するため、といってははなはだ失礼だとは思いますが、交誼を頂いているこの道の先輩諸兄にお会いし、向かい合っての対話の中で大きな気宇と熱き想いをうかがい、わたし自身の糧にさせてもらいたいと企画した次第です。
第1回目の今回は、同窓の先輩である埼玉県戸田市の菅原市長です。ご笑読いただければ幸いです。

市民のための
政策づくりは、
“人づくり”が重要

常に『それが市民のためになるか』を
指標にして行動している。


雨宮しんご
先輩、ご無沙汰しております。
また本日は業務ご多忙のところ、お時間をとっていただきありがとうございます。先輩とは今まで駿河台の喫茶店での語らいだけでしたが、このような市長室での対面となりますと、話す内容も襟を正して、などと思っております。
菅原市長
(笑) ま、いつも通りでいきましょう。

市長選挙への出馬と就任

雨宮しんご
改めまして、先の市長選での圧倒的な勝利による市長就任、おめでとうございます。同窓の先輩であると共に政にたずさわる同世代の者として、本当にうれしく思っています。
菅原市長
ありがとう!私はこれまで、政党の支援を受けることなく議員活動を貫いてきました。今回の選挙においては前市長の後継候補との苦しい戦いとなりましたが、多くのボランティアや支援者に支えられてわたしの政策を市民に伝えることができたこと、感謝の気持ちで一杯です。

公約実現に向けて

雨宮しんご
激戦から半年が経ち、公務はもちろん議会対応も経験されたと思いますが、「ゼロ歳から中学生までの切れ目のない教育」、そして「地元企業への支援」といった併せて9つからなる公約の実現に向けて、6月定例会議で補正予算を組むなどされたんですか。
菅原市長
そうしたいと考えていたけど、前市長が新年度当初予算の骨格以外についても細かく編成されていたので、わたしの公約を予算化して積極的に前進させるのは来年度からになるね。

民間ブロック塀改修へ 補助制度の創設

雨宮しんご
市長就任からわずかな期間しか経っていませんが、なにか具体的な取り組みを為されたか、あれば教えてください。
菅原市長
6月18日の大阪北部地震を踏まえて戸田市では、民間の危険ブロック塀の撤去・改修について、補助制度を講じることを発表しました。
雨宮しんご
小学生の女の子が倒れてきたブロック塀の下敷きになり死亡するという痛ましい事故でしたね。
菅原市長
震災発生当日に戸田市内の小・中学校や通学路、それにすべての公共施設の安全点検を実施して、2校のブロック塀が建築基準法改正前の状況であることが分かったため、至急の安全対策を講じるよう手配しました。
今回の大阪での事故を他山の石として、戸田市では絶対に同様な事故を起こさないようにしたいと思っているよ。
雨宮しんご
その通りですね。ただ、それにしても事故当日の点検指示とは迅速な対応でしたね。実は、わたしも9月市議会でこの件を取りあげています。小中学校やその通学路で9か所の危険個所が見つかったので、現在、成田市として鋭意対応中といった状況です。
それにしても今回の補助の適用範囲を通学路に限定せず、公道に面した危険ブロック塀までを含めたことは、市民への被害や避難・救助に支障をきたす恐れがあるからですよね。成田市としても参考にさせて頂きます。

予定時間が迫ってきて…

菅原市長
そろそろ時間枠もなくなってきたね。(笑)
ところで、雨宮くんも市議会議員3期目ということで、最大会派で幹事長を務めたり、全国若手市議会議員の会の関東ブロック副会長に就任と精力的に活動していることは、ここまで聞こえているよ。
雨宮しんご
いや、まだまだです。市議として12月年目を迎えましたが、これまで長年続いてきた仕組みや組織の改変は、正直なところ遅々として進まずといったところです。まさに「市民の常識が、政治家の非常識」という場面によく出くわします。
ですが、こうした地方自治の仕組みを変えるためには、「議会や役所の常識」といった限られた人たちの中で形成されたものから乖離している、「市民の常識」で判断されるようなパラダイムシフトが必要だと感じています。
菅原市長
本当にその通りだと思うよ。私自身も雨宮君とほぼ同じ時期、29歳から政治の世界にいるけど、常に「それが市民のためになるのか。」を指標にして行動しているよ。
雨宮しんご
市民の総意による市場原理が働く仕掛けや、さらにはその先にある集合知による新しい仕組みを創っていきたいと思っています。
菅原市長
そうだね!雨宮君の成田市と同様、おかげさまで戸田市も人口が約13万人、そして人口将来推計は今後20年後も増え続け15万人都市となることが見込まれているんだ。私は市民のための政策づくりは、「人づくり」が重要だと考えているので、まずは「人財」育成に力を入れていこうと思っている。
政治の現場で真剣に奔走していると「月に叢雲、花に風」という諺があるように、時には嵐に見舞われることもあると思うけど、お互いこれからも連携を図りながら、日本の礎を地域から作っていけるように汗をかいていこう!
雨宮しんご
ありがとうございます。ステージこそ異なりますが、これからも地域を愛し次代へバトンタッチするべき責任世代として連携を深めさせていただきながら、政策推進に邁進してまいります。
本日は業務繁多の折、本当にありがとうございました。

『議会や役所の常識』は
限られた人たちの中で形成されたもの。
これからは『市民の常識』

菅原 文仁

すがわら  ふみひと

埼玉県戸田市長

1975年生まれの43歳。
戸田市議会議員2 期、埼玉県議会議員2 期を経て、本年3月に行われた戸田市長選に立候補する。
現職の市長から後継指名を受けた、元戸田市副市長の10,163 票の倍以上である26,029 票を獲得して初当選を果たす。
両親と妹は体操競技で活躍し、母と妹は選手、父はコーチとして五輪に出場という、笑顔さわやかな日本男児である。
明治大学大学院時代に知り合い、わたしの「ニュージランド ラグビー放浪伝」にいたく興味を持っていただき、以後公私にわたりご教示を頂いている。