わたし含む39~56歳の男性よ!さぁ、無料で風疹の予防接種に行こう!

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

議会最終日の補正予算では、風疹についても計上されました。

風疹の予防接種を公的に受ける機会がなかった39~56歳の男性の抗体保有率を東京オリンピック・パラリンピックまでに90%まで引き上げることが目的となります。

 

なんと40歳である私も対象者の一人となるのですが、成田市に対象者はおよそ1.6万人もいるということです。

 

いきなり対象者全員に周知すると病院の混雑が懸念されることから、段階に応じて順次案内され、ワクチン接種費用は向こう3年間であれば無料となるようです。

 

連絡がきたら、わたしも予防接種をしてこようと思います!!

 

【風疹、39~56歳の男性に無料接種…抗体検査も無料化、来年から3年】 読売新聞

厚生労働省は11日、風疹の予防接種を公的に受ける機会がなかった39~56歳の男性について、予防接種法に基づく定期接種の対象にすると発表した。風疹が成人男性を中心に流行していることを受けた措置だ。

 2019年1月にも、抗体検査とワクチン接種の費用を原則無料にする。22年3月まで約3年間、実施する。関連費用を18年度第2次補正予算案に計上する。

 厚労省によると、接種対象は、1962年4月2日~79年4月1日生まれの男性約1610万人。この年代の男性は、風疹の抗体保有率が約80%と他の年代より低く、風疹にかかりやすい。実際に接種が必要なのは最大300万人程度とみられる。

 厚労省は今回の措置により、東京五輪・パラリンピックが開かれる20年7月までに、現在39~56歳の男性の抗体保有率を85%以上、21年度末までに90%以上に高めたい考えだ。

 風疹にかかっても、成人男性はほとんど発熱や発疹などで済むが、妊娠初期の女性は、赤ちゃんが難聴や白内障、心臓病などになる恐れがある。米国は妊婦の一部に、日本への渡航を自粛するよう求めている。

 

そんな風疹(ふうしん)ですが、どうして急にこんな補正予算が付くほどになったかというと・・・

流行の兆しがあることに他なりません。

 

まず左の図をご覧ください。

2013年の流行状況が「ねずみ色」のグラフになります。赤●が2019年。

 

そして、左側の図をご覧ください。

こちらは流行状況をより細かくしたものですが、かなり2013年(水色)と2019年(赤●)が似ていることがわかります。

 

風疹が流行した2013年には、全国で14,344人が罹患しています。

それ以降は2014年が319人、2015年が163人、2016 年が126人、2017年93人と減少傾向にありましたが、昨年2018 年になると2,917人の罹患者が報告され、再び流行の兆しが出てきました。

 

2019 年は、第5週時点ですでに367人の罹患者が報告されており、昨年の勢いは続いています。

 

風疹は、妊娠中の女性が罹患すると、胎内にいる胎児にまで影響を及ぼす先天性風疹症候群(難聴や白内障、心臓病などになる恐れ)が憂慮されることから、流行は防がなければなりません。

 

また、ワクチンで予防可能な疾患でありながら、妊娠中は風疹ワクチンの接種が受けられず、受けた後は2か月間妊娠を避ける必要があることから、女性は妊娠前に2回の風疹ワクチンを受けておくことと、妊婦の周囲のみなさんがワクチン接種を行うことが重要となります。

 

生まれてくる子どものためにも、風疹の予防接種を公的に受ける機会がなかった39~56歳の男性が、いかに予防接種をする必要があるかご理解いただけると思います。

 

よりによって働き盛り世代の抗体保有率が低いということで、はたして無料化だけで予防接種を受けてくれるかどうか、無料化に併せ予防接種に行きやすい環境整備の必要性も感じるところです。

 

それでも、このブログをご覧いただいた対象者の皆さんには、これを機に予防接種に足を運んでいただきたいと思います。

 

それではまた明日。