国際医療福祉大学建設費補助金はMAXの30億円!

27年度当初予算関連議案を含む48議案議案が上程され、

成田市議会は3月定例会議が今日、開会しました。

 

今日は終日議会に缶詰め。

 

午前中の会派会合からスタートして、休憩時間は一般質問に向けて

担当部局との打ち合わせ、本会議、全員協議会、会派打ち合わせ、

担当部局との打ち合わせ、打ち合わせ。。。

 

さて、今日の全員協議会の報告で、昨年誘致を決定した国際医療

福祉大学への建設費補助金が確定したと報告がありました。

 

成田市は、建設費の1/2で上限30億円という条件を出したのですが、

当該大学建設費の契約額が69.6億円となり、MAXとなる30億円を

補助することになりました。

 

建物のほかにも成田市は大学を誘致するために土地を20億円で

購入し、大学側に貸与しています。

 

また、国際医療福祉大学とは、現在進めている国家戦略特区における

「医学部誘致」についても共同提案しており、医学部新設が特区会議で

緩和が決定されると、さらに医学部キャンパスがもう一つ増えること

になります。

 

医師・看護師不足の解消は悲願ですが、成田市における財政的見地

からも審査していこうと考えています。

 

成田市議会議員

雨宮しんご