空港カーボン認証レベル3を取得した成田国際空港。CO2排出量削減への取り組み。

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

今日はクリスマスですね!

 

このほど成田国際空港会社が、空港から排出されるCO2の管理や削減を評価する「空港カーボン認証」(Airport Carbon Accreditation)プログラムで成田空港が『レベル3』を取得しました。

 

[成田国際空港株式会社]

~成田国際空港はステークホルダーとともにCO2排出量の削減に取り組んでいます~

 空港から排出されるCO2の管理や削減の状況を評価する制度である空港カーボン認証(Airport Carbon Accreditation)プログラムにおきまして、空港管理者などを会員とする国際機関である国際空港評議会(ACI: Airports Council International)により、本年11月21日付で成田国際空港が日本で初めて『レベル3』を取得したことをお知らせいたします。

 

 成田国際空港は、地球的視野に立った環境にやさしい循環型空港「エコ・エアポート」 として、エコ・エアポート基本計画を策定し、航空会社をはじめとするステークホルダーとともに、環境負荷低減と地球規模の環境課題に取り組んでおります。

 

 エコ・エアポート基本計画の取り組みの1つとして、空港カーボン認証プログラムに参加し、NAAとNAAグループ会社の排出するCO2が計画的に削減されていることを証明する段階である『レベル2』を2018年1月に取得しておりましたが、今般さらに上のレベルである『レベル3』を取得しました。

 

 これは、航空機や車両、お客様の空港へのアクセス、従業員の通勤など、空港全体の活動により排出されるCO2を把握するとともに、主要なステークホルダーとともにCO2排出量の削減に向けた計画を策定するなどの取り組みが評価されたものです。

 

 今後とも空港カーボン認証プログラムを活用しながら、ステークホルダーとの協力体制を一層強化し、さらなるCO2排出量の削減に取り組んでまいります。

 

調べてみると、、空港カーボン認証で日本の空港がレベル3を取得したのは、成田国際空港が初めてとなります。

 

空港全体の活動により排出されるCO2を把握し、ステークホルダーとともにCO2排出量削減に向けた計画を策定するなどの取り組みが評価されたとのことです。

 

成田国際空港では、成田空港全体から排出するCO2排出量を2020年度までに2015年度(発着回数1回あたり4.3トン)対比で7%削減する目標を定めています。

 

2017年度のCO2排出量は発着1回あたり4.02トンと、2015年度から6.5%低減、目標に向けて順調に削減が進んでいます。

 

第三滑走路の整備などで注目されていますが、事業拡大のみならず社会的企業としての取り組みも推進されています。

 

引き続き目標達成に向けた取り組みを期待しています。

 

それではまた明日!

みなさんハッピーメリークリスマス♪