「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」が本日オープン♪ 日本が5番目に選ばれている間に・・・。

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

まず昨日の報告を。

昨夕は先輩の結婚式に出席するため市内ホテルに行ってきたのですが、披露宴に300人、二次会180人とホテル貸し切り状態で、市長はじめ県議会議員から市議から街づくりに貢献されてこられた諸先輩方と、錚々たる出席者が集まりお二人の結婚を祝福しました。

 

わたしはというと、披露宴から二次会に出席されていた祭りや青年部メンバーといった仲間たちとのダメージの共有が半端ない・・・おかげさまで頭も胃も痛い今日一日でしたが、それほどに愛されている先輩であり、末永いご多幸とご家族皆さま方のご隆盛を祈念する次第です!

 

さて、そんな終日雨だった今日はこちらの話題を。

 

各層に異なる体験・4階建ての「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」を開業

https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2018-2872.php?nid=nw_01_pc

 

プレスリリースがありました。

そして、報道も。

 

1杯千円前後「高級スタバ」開店へ…世界5店目 (読売新聞)

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190227-OYT1T50258/

 

 スターバックスコーヒージャパンは27日、高級路線の旗艦店「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」(東京都目黒区)を28日のオープンに先立って報道陣に公開した。米ニューヨークなどに続く世界5店目で、日本初出店となる。ブランド力の強化が狙いだ。

 米スターバックスのケビン・ジョンソン社長は「完璧な手作りのコーヒーを提供する」と話した。

 4階建ての店舗外観は建築家の隈研吾氏がデザインした。1階には高さ17メートルのコーヒー豆の貯蔵庫「キャスク」があり、コーヒーを豆から焙煎ばいせんして袋詰めする様子が見られる。

 ウイスキー樽だるで熟成させたコーヒー豆を使った「バレルエイジド コールドブリュー」(税抜き1200円)など、1杯1000円前後の高価格帯のメニューをそろえた。3階にはオリジナルのカクテルを味わえる本格的なバーもある。

 

 

407bf_1423_e4a25477891c6dbe7ee49883fd7ef794

建築家である隈研吾氏とのコラボレーションによる外観なんだとか。

 

fb1e8_1423_10433a5170c9088b2d4449722a85984e 

 

珈琲好きの私としては生豆から一杯のコーヒーになるまでの過程を見ながら飲めるコーヒーほどワクワクすることはありません!

 

今回の出店は世界5店舗目となり、高級スタバ「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」として目黒に本日オープンとなったようです。

 

これまでシアトル、上海、ミラノ、ニューヨークと同じ高級スタバがオープンしており、その次に『日本 東京』が選ばれました。

 

個人的には、こうした世界的な企業から魅力ある国、魅力ある都市として5番目に選んでもらえている間に、日本としても様々な分野において未来に対する戦略を持って、様々な仕掛けをしていかなければならないと感じます。

 

先日、上場企業の執行役員の方とご一緒する機会があり、ビジネスの話題で盛り上がりました。

 

もちろん、成田国際空港を核とした空港周辺地域や成田市の可能性についても上りましたが、合意形成を図りながら一歩一歩ものごとを進めていかなければならない行政として、さすがに民間レベルとはいかないまでも、より一層のスピード感をもって未来に果敢に取り組んでいかなければ期を逸すると痛感しました。

 

動けば変わる。そのリアリティを市民の皆さまにもお伝えできるよう、引き続きスピード感のある政策立案&実現に向けて汗をかいてまいります。

 

それではまた明日。